引越しってね。

搬迁仓库怎么制定方案?搬迁计划书包括哪些内容?-石家庄顺亦搬家公司

こんばんわ~

これから引越しを予定している方、将来的に引越す予定のある方、

引越し料金がどのように算出されるか、知りたくないですか?

ざっくり言いますと、

1,荷物量 2,日時(時期や時間帯も重要) 3,Relocation Company 

で、ほぼ決まります。

あとは、どこの引越し業者に見積もり依頼をするか・・です!

これは少し運送業界を知っていなければわからないことですが、

引越し業者と一口に言っても、様々な業態の会社があります。

ざっくり分けると、クロネコさんや日通さん、福山通運さんなど、

宅配便などの商品も取り扱っている、引越し兼業者。

アートさんやサカイさん、アリさんなどの引越ししか取り扱っていない、

引越し専門業者にわけられます。

どちらがいいというのはありませんが、私が在籍していた引越し専門業者は、

300~400件/月の依頼がありましたので、1年もすればかなりの経験を積むことができます。

引越し兼業者さんは、そこまで依頼件数は多くないと思いますが、

運送屋さんならではの運送保険やサービスが充実していますので、

そういった安心感はあるのではないでしょうか。

ですから、それぞれのメリット・デメリットを見極めることが重要で、

その違いを見る為にも、複数社から合い見積もりを取るようにしましょう。

相見積もりは、時間もかなり必要ですし、何より労力ががいります。

しかし、自分にあった引越し業者を選ぶためには、必要不可欠な”仕事”です!

『引越しは、オーダーメイド』これは、私が営業マンの時に使っていた営業トークです^^;

家具が違えば、曜日が違えば、時期が違えば、料金は全く違ってきます。

それと、引越業者の懐事情が大きく影響してきます。

分かりやすく言うと、トラックの空き状況です。

トラックが動いていない=売上がない=従業員が稼げない=従業員が定着しない、

このような負のスパイラルを避けるには、安くても契約を獲得しなければなりません!

相見積もりが必要というのは、これが一番の理由と言えます。

必死に話をしている営業マンには、多少気が引けるかもしれませんが、

即決せずに相見積もりですよ~^^

ではm(_ _)m