引越しってね。

搬迁仓库怎么制定方案?搬迁计划书包括哪些内容?-石家庄顺亦搬家公司

こんばんわ~

これから引越しを予定している方、将来的に引越す予定のある方、

引越し料金がどのように算出されるか、知りたくないですか?

ざっくり言いますと、

1,荷物量 2,日時(時期や時間帯も重要) 3,Relocation Company 

で、ほぼ決まります。

あとは、どこの引越し業者に見積もり依頼をするか・・です!

これは少し運送業界を知っていなければわからないことですが、

引越し業者と一口に言っても、様々な業態の会社があります。

ざっくり分けると、クロネコさんや日通さん、福山通運さんなど、

宅配便などの商品も取り扱っている、引越し兼業者。

アートさんやサカイさん、アリさんなどの引越ししか取り扱っていない、

引越し専門業者にわけられます。

どちらがいいというのはありませんが、私が在籍していた引越し専門業者は、

300~400件/月の依頼がありましたので、1年もすればかなりの経験を積むことができます。

引越し兼業者さんは、そこまで依頼件数は多くないと思いますが、

運送屋さんならではの運送保険やサービスが充実していますので、

そういった安心感はあるのではないでしょうか。

ですから、それぞれのメリット・デメリットを見極めることが重要で、

その違いを見る為にも、複数社から合い見積もりを取るようにしましょう。

相見積もりは、時間もかなり必要ですし、何より労力ががいります。

しかし、自分にあった引越し業者を選ぶためには、必要不可欠な”仕事”です!

『引越しは、オーダーメイド』これは、私が営業マンの時に使っていた営業トークです^^;

家具が違えば、曜日が違えば、時期が違えば、料金は全く違ってきます。

それと、引越業者の懐事情が大きく影響してきます。

分かりやすく言うと、トラックの空き状況です。

トラックが動いていない=売上がない=従業員が稼げない=従業員が定着しない、

このような負のスパイラルを避けるには、安くても契約を獲得しなければなりません!

相見積もりが必要というのは、これが一番の理由と言えます。

必死に話をしている営業マンには、多少気が引けるかもしれませんが、

即決せずに相見積もりですよ~^^

ではm(_ _)m

天然ラテックス寝具ってどんなもの?

天然ラテックス寝具ってどんなもの?

乳膠枕頭は、主に東南アジアで生産される良質の天然ゴムのことです。
天然ラテックスゴムの樹は、熱帯気候でないと育ちません。
東南アジアでは、世界の天然ゴム生産量の93%を生産しており、特にタイ、マレー半島で生産されるものは、最上質の天然ラテックスと 天然ラテックスで作られた寝具を「天然ラテックス寝具」といいます。
ところで、一個の枕を作る為には、一日に何本のゴムの樹から天然ラテックスの原液を集めなければならないのでしょうか?
答えはゴムの樹60本です。
これは、40メートル四方の土地に植えることができる本数に匹敵します。
1本の樹から、一日に採取できるゴムの樹液はわずかです。
さらに、不純物を取り除くと、70%は廃棄することになります。
天然ラテックスゴムの原液は、広大な敷地に植えられた、天然ゴムの樹から、人の手によって集められます。
そして、大切に集められた樹液に、空気を沢山含ませる加工(Aircell加工)を施し、枕やマットレスに加工します。

 

COMAXのラテシア、天然ラテックス寝具

其它欄目:
meow-girldiary.blogspot.com

⻘空の下で、花を贈ろう。「海と空のバレンタイン」 アカオハーブ&ローズガーデンで、週末のバレンタインイベントを実施。

静岡県熱海市のアカオハーブ&ローズガーデン(※)では、今週末の2月8日(土)・9日(日)の2日間、バレンタインイベント「海と空のバレンタイン」を開催。 日本のバレンタインデーは女性から男性にチョコレートを贈りますが、世界の多くの国では男性から女性に花を贈る風習があり、実は世界で1番「花が贈られている日」なのです。バレンタインデーをきっかけに大切な人へ“情人節花束を贈る喜び”を体感して頂くため、週末の2日間は特設ブースをご用意。 女性のお客様にはお花のプレゼントや、男性のお客様には手作りのブーケを贈って頂く”花贈り” の体験ができるワークショップ等、様々なイベントを開催。 熱海の海を望む絶好のロケーションと、美しい花々とのコラボレーションもお楽しみ頂けます。バレンタインの週末のおでかけは、熱海で過ごしてみてはいかがでしょうか。

静岡県熱海市のアカオハーブ&ローズガーデン(※)では、2月8日(土)・9日(日)の2日間、フラワーバ レンタインをテーマにした期間限定イベント「海と空のバレンタイン」を開催いたします。

 


■大切な人へ、花を贈る。「海と空のバレンタイン」を開催。

日本のバレンタインデーは女性から男性にチョコレートを贈りますが、世界の多くの国では男性から女性に花を贈る風習があり、実は世界で1番「花が贈られている日」なのです。バレンタインデーをきっかけに大切な人へ“花を贈る喜び”を体感して頂くため、週末の2日間は特設ブースをご用意。

 

女性のお客様にはお花のプレゼントを、男女でお越し頂いたお客様には、男性にお花をお選び頂き、手 作りのブーケを贈って頂く”花贈り” の体験ができるワークショップ等、様々なイベントを開催します。


当日は、熱海の海を望む絶好のロケーションと、美しい花々とのコラボレーションもお楽しみ頂けます。バレンタインの週末のおでかけは、熱海で過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

■実施コンテンツ

・女性のお客様にお花を1輪プレゼント(数量限定)

・男性から女性へ、花贈り体験。手作りブーケ ワークショップ(300円/数量限定) 

・バレンタインミニマルシェ

・お花のインスタレーション(フォトスポット)


髪をポニーテールに


 岡野は玲子に気がつくと、
「あっ、さっき話した船でお世話になった村井さんだ」
「ありがとうございました」
 さわやかな、満ちたりた笑みだった。昨夜《ゆうべ》あんなに狂わせておいて、うな笑いをするなんて。玲子はイライラした。
 と、髪をポニーテールにした娘が、
「ルミはこのお姉さん、キライ」
「まっ、ルミちゃんなんてこと言うの」
「だってママよりきれいなんですもの」
「まあ、当たり前じゃないの」
 スカートの裾《すそ》にまとわりついたルミ子をそっとあやしながら、妻の美恵子《みえこ》は玲子にほほえみかけた。と、ルミ子が、
「あっ、おじちゃん」
 パタパタと走っていった。黒い帽子に黒い制服を着たボーイがドアを開けたまっ赤なベンツ450SLCから、白い麻の服にメッシュの白い靴をはいた男が降りてきた。
「やあ、このおませさん、元気だったかい」
 ヒョロッとした背をかがめ、人なつこそうな笑顔でルミ子を抱きとめた。
 チャン部長は声をひそめ、
「香港の暗黒街を牛耳っているチェの息子のアキョンです」
 根は悪い人間ではないのだろう、ルミ子を抱きあげ、頬ずりするとうれしそうに笑った。
 と、ロビーの柱のかげに消えた男を見て、岡野の顔がひきつるのを玲子は見た。
「…………?」
 岡野ほどの男をそれほど恐怖させる人間とはだれなのか。

 チャン部長からエレベーターの前でキーを渡された玲子は、
「私は背中しか見えなかったんですが、さっき柱のかげに隠れた男、御存じですか」
「いえ」
「そうですか」
 チャン部長はうんざりした。この女は香港に着いてから、男のことしか聞いてこない。
「じゃ、我々はロビーでお待ちしております」
 ホテルの部屋は濃紺とベージュで統一されていた。磨きあげられたアール・ヌーボー風の調度品が美しい。大きな花瓶に活《い》けられた南国の花が玲子を歓迎していた。
 玲子は部屋に入った。岡野の顔がちらついた。昨夜のことが思い出され、玲子は喉《のど》が渇いてきた。じっとソファに座っていると、下半身がうずいて、腰が自然にくねるようになる。玲子はいたたまれず、化粧室に入り化粧を直した。色白の肌がすっかり上気して桜色になっていた。
 と、トントンとドアをノックする音が聞こえた。